年会費無料のカードを選ぶことが基本だが・・・

ガソリン代の割引・節約をかんがえるときド基本となるのは年会費無料のクレジットカードが第一候補になります。
なぜなら、毎月コツコツと「リッター2円引き」とか「ポイント1%キャッシュバック」で頑張って節約しても年会費1,500円を払ったらほとんど変わりませんでした、実は赤字になってました・・・。なんてことになってしまうからです。
ただし月々のガソリン代に加えて、生活全般でどれだけクレジットカードを利用するかのだいたいの目安がわかっていて、年会費を払ってでもそれ以上にメリットがあるのであれば有料のカードも選択候補にいれるべきです。

例えば、ポイント還元率がめちゃくちゃ高いことで注目の漢方スタイルクラブカードを例に考えてみましょう。基本還元率は1.75%と檄高。この数字にピンと来ない方も多いと思いますが、一般的なクレジットカードの基本還元率は0.5%が普通、還元率が良いと言われるカードでも1%程度ですから、この「1.75%」という数字は今までの常識を超えた還元率です。このカードは初年度年会費無料、2年目からは1,575円の年会費がかかります。
さて、ポイント還元率1.75%と年会費1,575円という数字から年間いくらカードを利用すえば年会費の元が取れるか計算してみましょう。

中学校で習った方程式です。
1,575×X=0.0175
X=90,000

90,000円です。年間9万円、つまり月平均だと7,500円利用すれば年会費の元がとれてしまいます。

ガソリン代で考えてみると、1回の給油が5,000円と仮定すると月に2回給油する人はガソリン代の利用だけで軽く年会費の元が取れることになります。さらに携帯代金の支払いや普段の食料品のお買い物、ネットショッピングなど今までの生活を変えることなく、支払い方法を漢方スタイルクラブカードに集中させればポイント還元額がドンドン増えていきます。

このようなポイント還元率が高いカードであれば年会費を払ってでも選択する価値は十分にあるといえます。