クレジットカードのお得度は「還元率」を見れば一目瞭然

このサイトではガソリンカード、つまりガソリン代の節約になるクレジットカードを紹介しています。

クレジットカードで支払いをすれば
「リッター2円引き」「ポイント1%還元」
という特典(割引)があるのでどのカードを使ったとしても現金支払いよりもお得になります。
現金払いだと還元は一切ありません。年会費が有料で、そのカードの利用金額が少ないと年会費分の元が取れずに赤字になることがありますが、あらかじめ自分の利用状況を把握してきっちりシミュレーションしておけばこの問題も大丈夫。

これだけ多種のクレジットカードが発行されていると自分にとってベストなカード
つまり一番お得度が高いカードはどれなんだろう?と選択に困ることがあります。

いろいろなクレジットカードの公式ページや、カード紹介サイトを見てみると
「ポイント還元率1%」「誕生日月ポイント5倍」などと書いてあります。

この「ポイント」というのがやっかいです。

ポイント制度は各クレジットカード会社が勝手に作った制度で、カード会社によって同じ1ポイントでも現金(円)に換算したときの価値が全く違うからです。

例えば、次の2つを比べてみましょう。
「1,000円で10ポイントつきます!」
「1,000円で1ポイントつきます」

なんだか1000円で10ポイントのほうがお得そうに見えますね。
10ポイントの価値が1円、つまり1ポイント0. 1円の価値しかないとします。
一方1,000円で1ポイントの方はおなじ1ポイントでも2円の価値があったとしたらどうでしょう。

1,000円=10ポイント=(1円の価値)
1,000円=1ポイント=(2円の価値)

同じ「ポイント」という単位でも1,000円で1ポイントしか付かないものよりお得度が高いカードということになります。この場合、お得度は2倍違います。

このようにポイント、もしくはポイント還元率という計算をしていたのでは各社から発行されているクレジットカードの本当の力を比較することはできません。

1ポイントの価値はいくらか?を考える必要がある

この問題を完全にクリアにするは「ポイントの価値を現金に置き換えて計算したときの還元率」を計算する必要があります。つまり、1ポイントの価値はいくらか?ということ。

詳しく説明する前に、「還元率」について整理しておきましょう。

還元率ってなんだ?

還元率とはそのカードを使ったとき、何パーセント分が戻ってくるかという指標のこと。

簡単な例でみてみましょう。

還元率1%とは1万円使ったとき利用額の1%分(100円分)が戻ってくること。
10万円使ったときは1,000円分、
100万円なら1万円分が戻ってくることになります。

同様に還元率2%なら10万円で2%分の2,000円分、100万円なら2万円分です。

還元されるとは「戻してくれる」ことをいいます。
1,000円分還元なら「1,000円分の価値のあるもの」をあなたに戻すということ。

つまり総額10万円支払うとしても、後から1,000円分が戻ってくるので結果として9万9千円の支払いをしたことと同じ意味になります。100万円になると1万円分。結構でかい。

「1,000円分の価値のあるもの」と書いたのには訳があります。
クレジットカードの利用で還元されるものは現金によるキャッシュバックだけではなく、むしろ現金以外のものの方が多いからです。厳密に言うと、キャッシュバック特典を選ぶより、商品券をもらった方がトクということが多い。

例えば商品券やQUOカード、ANAやJALのマイルという選択ができるものもあります。
現金でのキャッシュバック(請求の時に還元分を値引き)にしか魅力を感じないという人もいるかもしれませんが、商品券は全国どこでも使えるところが多いしQuoカードはコンビニでも使えるなど、ほぼ現金と同じように使うことができます。

当サイトでは還元されるものが
「現金1万円」の場合と「商品券1万円分」は同じ価値として計算しています。

2つのカードで1ポイント価値を算出する

高還元率で人気の漢方スタイルクラブカードと
エクストリームカードを例に1ポイントの価値を見てみよう。

漢方スタイルクラブカードは500ポイントで2,500円のJデポに交換できる。
(Jデポは利用金額からJデポ金額を差し引いて請求される漢方スタイルクラブカード独自のキャッシュバックシステム)
ポイント獲得は「2,000円のカード利用で7ポイント付与」とのこと。

1ポイント価値=2,500円÷500ポイント=5円
漢方スタイルクラブカードの1ポイント価値は5円ということがわかる。

 

エクストリームカードも同じように見てみる。
エクストリームカードは2,000ポイントでG-Point3000ポイントに移行できる。
「1,000円のカード利用で10ポイント付与」

1ポイント価値=3,000円÷2,000ポイント=1.5円
エクストリームカードの1ポイント価値は1.5円ということわかる。

漢方スタイルクラブカードの1ポイント=5円
エクストリームカードの1ポイント=1.5円

同じ「1ポイント」でもカードによって全然違う価値をもっていることがよくわかります。

1ポイント価値が大きい、小さいが問題なのではありません。
この価値を計算することが次の還元率を求めるのに絶対に必要になる数字というだけのこと。

還元率を計算してみる

1ポイント価値を計算したので次は還元率を計算してみる。

漢方スタイルクラブカードの1ポイント=5円

ポイント獲得の条件は「2,000円のカード利用で7ポイント付与」。

2,000円のカード利用で7ポイント獲得できるので、
1ポイント獲得するのには2,000円÷7ポイント=285.7円のカード利用が必要になる。

つまりこのカードは285.7円使う毎に5円還元されるカードだとわかる。

還元率は
(5円還元)÷(285.7円の利用)×100=還元率1.75% となる。

エクストリームカードも同じように見てみる。

エクストリームカードの1ポイント=1.5円
ポイント獲得の条件は「1,000円のカード利用で10ポイント付与」。

1,000円のカード利用で10ポイント付与されるので、
1ポイントを獲得するのに必要なカード利用金額は100円です。
(1ポイント獲得=1,000円カード利用÷10ポイント=100円のカード利用)

このカードの還元率は
(1.5円還元)÷(100円の利用)×100=還元率1.5% となる。

還元率をみればどのカードがおトクか一発でわかる

漢方スタイルクラブカードの基本還元率は1.75%、エクストリームカードが基本還元率1.5%。

漢方スタイルクラブカードを毎月5万円利用すると仮定すると年間60万円使う事になる。
還元率1.75%だから年間10,500円(60万円×1.75%)還元される。
エクストリームカードだと年間9,000円(60万円×1.5%)の還元になる。

この数字を見ればお得度は漢方スタイルクラブカードに軍配が上がることがわかります。
ただし、これにボーナス特典や年会費など他の要素がくわわるので一概にこの数字だけでは正確に判断できないのですが、還元率がカードお得度をみる明確な基準になることはおわかりいただけると思います。

年会費やボーナス特典も考慮した完璧なシミュレーション

もっと完璧に、というより利用者それぞれの状況にあわせたお得度を計算するには月々の利用金額や年会費、利用額に応じてもらえるボーナスポイントなども考慮しなければなりません。

月々1万円程度しか利用しない人が年会費3,000円で還元率1.5%程度のカードを持ってしまうと、完全に年会費負けしてしまいます。
同じカードを持っていても、月々5万円くらい使う人なら間違いなくお得なカードになる。

当サイトはガソリン代の節約をテーマにしています。
検証・紹介しているカードは全てガソリンの給油でお得になるものばかりですが、
「ガソリンの給油につかった分だけが還元されるもの」と
「何を購入しても還元されるもの」の2つに分類されます。

ガソリンの給油にだけお得になるカードを探している方もいるし、ガソリン代を生活費の一部と考え、生活費全体での節約を考えている方もいるでしょう。

月々の利用額もひとそれぞれ。

このような状況を踏まえ、当サイトでは次の3項目についてシミュレーションしています。

  • ガソリンだけにカードを使った場合
  • ガソリン以外の決済にもカードを使う場合
  • 利用金額は月額3万、5万、10万円

これだけのパターンで検証すればほぼ全ての方の利用状況を網羅できるのではないかと思っています。

もちろん、年会費などの経費も計算にいれます。
各カードの公式サイトや、他の紹介サイトでは、わざとやっているのかインチキなのか計算していないのか知りませんが、年会費等の経費をまったく考慮していない数字で「還元率1.0%の凄いカードです!」などと謳っているのを見かけます。正確に計算すると全然違う数字が出てくることがよくあります。

こんなのは意味がない!

当サイトでは極力リアルに、普通の生活をする中で無理なく自然な使い方をしたときをシミュレートすることにします。

>>当サイトのカード紹介スタンスはこのページで説明しています

数字がたくさん出てくるので計算が得意ではない人には計算式を見るのはつらいかもしれませんが、そういう人は検証結果だけを見てください。

年会費が有料のものはその年会費分も考慮しています。
無理のない使い方でシミュレーションした還元率をもとにオススメできるかどうか判断しています。

以上、クレジットカードの還元率のお話しでした。